電子レンジで蛍光灯!


 蛍光灯の管が切れたのだ。 当然、交換するわけだが、切れた蛍光灯を何かに使えないだろうか?。

 前回の工作で、インテリアライトを作成したが、今回もインテリアライトを作ってみよう。 しかし、同じライトを作っては進歩が無いと言われてしまうので、今回はちょっとアレンジしてみた。

 蛍光灯の仕組みは今更ながら説明する事はないと思うが、電極と電極の間の蛍光ガスがVHF帯の高周波で発光するのだ。 なに?高周波だと!?。 高周波といえば、電子レンジだろう。 電子レンジが発生する高周波は2.45Ghzで既にSHF帯に突入している。 頼もしすぎだ。

 これが今回のいけにえ。 30Wの丸型蛍光灯。

 ちょっと電極の所が黒くくすんでいるのが分かるだろうか?。 グロー系の電灯につけると、パカパカ点滅してとっても目に悪い。(うちにはグロー系の電灯が沢山ある。 そのうちインバーター系に改造する予定。 期待せよ)

 さっそく電子レンジにせっとする。 

 なんと、ターンテーブルにぴったりの大きさではないか!。 まさにいけにえの為に用意された蛍光灯と言う感じ。 おっと、蛍光灯の電極は上に向けておかないと、火花が出るかも知れないので注意注意。 

 ではさっそくタイマーをセットして・・・。

 みよ!この明るさ。 切れた蛍光灯でも、直接蛍光ガスを振動させてやれば見事に発光する事が証明された。 しかもなんだか色が青っぽい。 駆動周波数によって発光波長が変化したのだろうか?。 いや、明るすぎて色が変化してしまったと見るべきだろうか?。(たぶんそう)

 青色の光を放ちながら、ターンテーブルの上をくるくる回る蛍光灯は、インテリアとして使えないだろうか?。

 この状態で10秒以上つけておく勇気が私にはなかった。 

 


戻る