今年で最後だ、乗鞍スカイライン

実行日 02年09月14日

場所 長野県と岐阜県の県境、乗鞍岳

行った理由 来年から走る事ができなくなるから


 乗鞍スカイラインが自然環境保全の理由で来年からマイカー規制を行う事になりました。 それに合わせるように乗鞍エコーラインもマイカー規制となり日本最高所道路を自分で走れるのは今年で最後になるのです。

 行くぜ乗鞍!

 どうせ行くなら乗鞍周辺の峠も全部行かなきゃ損なので長野県側からアプローチして安房峠→平湯峠→乗鞍スカイライン→エコーラインのルートを考えていたのですが、いざ行ってみると・・・

 こんな天気。

 小雨も降り出すという泣きたくなるような天候にモチベーションも下がりまくりで、エコーライン→乗鞍スカイライン→自宅という実に弱いスケジュールに変更です。

 しかもエコーラインに向かう為に上高地乗鞍林道A線(有料)を利用するという軟弱さ。 雨は男をやさしくするのだ。 だってカッパ忘れたんだもん。

 暇そうな料金所。

 この林道は奈川村と乗鞍高原の安曇村を結ぶ道路で「昔はダートだったけど今は県道に昇格したよ」レベルです。 雨が降ってなければバイクをねかせて走る事ができる楽しい道路ですよ。

 林道をぐんぐんと上っていくと展望抜群と評判の白樺峠につきます。 

 ええ、期待したボクがバカでした。

 しかし山の天気は変わりやすいんです!

 乗鞍高原を抜けてエコーラインに入ったら一瞬雲の切れ間が!

 既に森林限界を越えているので、植物は地面を這うように枝を伸ばしています。

 やっほー!

 しかし晴れたのはこの一瞬だけ。 この後はまた霧雨の中でございます。 ひー。

 やっとの思いで畳平駐車場まで上り、視界3mの中どうするかと思案していたのですが、せっかく来たのだから駐車場から一番近い魔王園地までプチ山登りをする事にしました。 なんだかテンションあがってきました。

 はしゃぎながら散策路を歩いていると、なぜかすぐにゼーゼー息が上がります。 ボクってこんなにおじいちゃん級のスタミナだったのでしょうか?

 いえいえ山をナメてはいけません。 さすが標高2700m、空気が薄いです。 周りを見ると皆さん本格的な装備で歩いてらっしゃいます。 それに引き換えボクなんてメッシュジャケットにTシャツです。 ふざけてるとしか思えません。

 膝がガクガクするのを我慢しながら魔王園地まで行きました。

 やったぜ!標高2761m。 冗談みたいに寒いです。

 さて帰り道ですが、「俺は駐車場への近道を知っている、ついてきな」と知ったかぶりを発揮してみたんですけど、どうやら酸素が欠乏していたようで行き着いた先は魔王岳山頂でした。

 途中から道が上りになったからおかしいとは思ったんだー。(登山では、おかしいと思ったら引き返すのが鉄則です)

 しかもさっきよりも高いです。

 二つのポイントを制覇した証拠に体中が筋肉痛の予感です。

 この後、乗鞍スカイラインを下り高山ラーメンを食べて帰りました。

 乗鞍スカイラインの下りで思ったのは、コーナーを回るたび、ストレートを下るたびに気温が上がっていき、道端の植物の色が黒から緑へ変わっていくのが印象的でした。

 乗鞍スカイラインは今年で最後、まだ行った事のない人は、全てのコーナー、全ての景色を心に焼き付ける為に行ってみてください。

 


戻る