伊勢湾一周ツーリング!

調査日 00年10月28日

場所 愛知県・三重県

行った理由 CBR1100スーパーブラックバードのナラシ走行の為。


 友人が大型自動二輪免許を取得し、新型のバイクを購入しました。 ホントはバイクを購入してから免許を取ったんですけど、もう時効のはずなので(違います)ここにバラしてしまいます。

 新車を購入したらツーリングに行きたくなるのは仕方の無いことです。 今回はナラシ運転と交通安全祈願と初詣をかねて伊勢神宮を経由する「伊勢湾一周ツーリング」にいってきました。

 当日の天気予報は「雨」。 でもウキウキ気分のナイスガイにはそんな未来の事なんて関係ナッシングです。 曇り空なんて気のせいにして、伊良湖岬を目指します。 伊良湖からはフェリーで鳥羽まで行くんです。 フェリーを使うなんてなんてロマンチックなのでしょうか!。

 しかし伊良湖岬に到着する前に予報は現実になりました。 です。 いやーなんのなんの!、これしきの雨で私達の快進撃を止める事はできません。 天気は西から変わると言うので、西へ向かえば天気の回復も早いハズです。

 出航準備中のフェリーに飛び乗り(ホントに飛び乗った、乗ってから切符を買うという慌しさ!)、一路、鳥羽を目指します。

 客室で寛ぐ友人です。

 でもその頃には窓の外は大粒の雨模様・・・。 天気は回復するどころがどんどん悪くなっていく一方です。 そうです、西から天気が変わるのは正解なのですが、悪くなる方に変わって行くのでした。 最悪です(予想通り・・・)。 でも誰も引き返そうなんて言いません、これぞ男です。 難しい漢字を使えば「漢」です。

 鳥羽に着いてみてもやっぱり大雨でした。

 大雨の中を伊勢志摩パールロードへ向かいます。 ここは、伊勢湾を見渡せる絶景ポイントが数多くあり、ツーリングルートから外す事はできません。 でも山の頂上に上ってみるとそこは一面雲の中でした。 伊勢湾なんて見えません。 もう涙なのか雨なのか分かりませんが、目の前が潤んでしまって何もする事ができませんでした。

 しかも途中にダートコースがあって、ぬかるんだ道路をオンロードバイクで走るハメになりました。 運転の方はゆっくり確実にアクセルワークをしていれば大丈夫なのですが、問題はドロドロな道です。 

お、俺の愛馬がドロドロにーーー!(号泣)

 さすがにコレぐらいになってくると、弱音の一つでも吐きたくなるってもんで、当初予定していた峠攻めを取りやめて伊勢神宮へ向かうことにします。

 伊勢神宮では傘をもってきてないので、ヘルメットにカッパというスタイルで参拝です。 何処を見渡しても、このような怪しげなカッコウをしている人はいません。 ハッキリ言って浮いてます。 賽銭ドロボウに間違えられても文句は言えない状況でした。

 ちなみにどれくらい雨が降っていたかというと・・・

 これぐらいです。 写真では良く分からないですが、傘をさしていても大変な目にあってしまうぐらいの雨量でした。

 ところで神様に何をお願いしたかと言うと、なんと二人揃って同じ事でした。 それは、

 今すぐ雨が上がりますように

 です。

 家族の健康とか商売繁盛とかの先の長いお願いなんてどーでもいいです、今、現在のこの雨を何とかしてほしくて二人は必死です。 お賽銭も奮発して小銭を沢山投げました。

 伊勢神宮を後にして、第二の目的地である赤福屋さんに向かいます。 ここでは、赤福デスマッチの予定でしたが、なんと二人とも体力の限界でとても戦える状態ではありませんでした。 残念ですが、デスマッチは次回に見送りです。

 赤福よりも一緒に出されたお茶の温かさが体に染み込みました。 お代わりをしたのは言うまでもありません。

 見てください、この世に敵なしと言わんばかりの笑顔を。 写真では分かりづらいですが、服はずぶ濡れです。 笑顔とずぶ濡れが見事なアンバランスさをかもし出してます。 

 お茶で体を温めたら、なんだか元気が出てきました。 赤福屋の駐車場でずぶ濡れになってる人です。

 この時はまだまだ元気でしたが、日が落ちてくると一気に体力と体温が低下し、とても危険な状態になりました。(←いやマジです。 皆さんも雨の日のツーリングには気をつけてください)

 23号を使ってゆっくり帰ってくるつもりでしたが、体力がもちそうもなかったので、高速を使って家路につきました。

 雨の日の夜は、バイザーは曇るし、車の泥はねは酷いしで大変です。

 次の日、私は見事に熱がでました。 反省。

 

 余談ですが、雨の日の高速SAでの写真です。

 バイク置き場に車で侵入するのは止めてくださいね。


戻る