ZZ−R400からの乗り換え

 ZZ-R400のページでも書いてますが、乗り換えの理由はパワー不足と重い車重の取りまわしの悪さでした。

 200Kgを超える車体を非力な国内仕様のエンジンで引っ張るのは限界があるようで、コーナーの立ち上がりや長い登り坂、高速道路での追い越し加速では大型バイクの後塵を拝し、駐輪場での車体の出し入れ時にはその車重から顔を真っ赤にしながら出し入れしなければなりませんでした。

 そんな中、この不満点を解消してくれるバイクを探していたのですが、世の中「大型バイク」といえばリッターバイクという風潮があり、捻くれ者のボクとしてはこれはマイナー車しかないなと、候補に上げたのがが鈴木GSX-R600、ヤマハR6、ホンダCBR600FSの3台だったのです。

 実際にこの3台のバイクに跨ってみると、GSX-R600とR6はボクには前傾がキツくてどーにもライディングが厳しそうだったので、ホンダCBR600FSに決定です。 またどこかのロボットアニメに出てきそうなデザインも決め手の一つになりました。

乗ってみました

 デフォルトの峠で試し乗りをしてみた感想なのですがエンジンパワーに余裕がある、回転に余裕があるってのが第一印象です。 ZZ-Rでは常に回していないと苦しかった登りやコーナーの立ち上がりがもの凄く楽なのです。 これは精神的なマージンにつながりますね。

 ZZ−Rに比べて車重が約40Kgも軽いのも、コーナーでの倒しこみに有利に働きました。 S字コーナーの切り替えしの時なんて、ZZ−Rが「どっこいしょ」と言う感じならCBR600FSは「ひょい」って感じです。 ZZ−Rの感覚でうかつに倒しこむと、どんどん切り込んでいってしまうので、初めてコーナーに入った時は怖かったです。

 世間で言われているインジェクションのドンツキ現象ですが、気にする程ではありません。 さすがにZZRと比べたら、エンジンレスポンスは敏感になってますが、逆にこのぐらいの方が乗っていって楽しいです。

 さらにスゴイと感じたのは、フロントブレーキの良さです。 ZZ-Rも決して悪い方ではなかったのですが、CBR600FSのフロントブレーキは握力に直線的に反応するのです。 握れば握っただけ減速Gが発生するのです。 よく「効きがイイ」=「良いブレーキ」と言われますが、ボクの好みは「弱く握る」=「弱い制動」、「強く握る」=「強い制動」なのでこのブレーキは理想的でした。 パッドの味付けを担当した技術者に大きく感謝です。 (社外品に交換するつもりでしたが、ボクのレベルでは純正パッドで十分です)

 唯一の不満は、カウルの防風性能の悪さです。 ふわわKm/hで走っていると、もの凄い風圧で次の日筋肉痛になってしまいそうです。 バイクにはまだ余力が残っているのに、ライダーに余力が無いのです。 筋トレが必要か?。

 でも、それ以外は理想どおり、いや予想を越えた出来のよさだったので、このバイクを選択したのは正解だったと思います。

 


Back